メニュー

嗅覚障害

概要

においの感覚に異常をきたす状態を嗅覚障害と言います。

種類

嗅覚障害は、鼻腔から大脳の嗅覚野である眼窩前頭部までのあらゆる嗅覚路の異常によって生じます。異常が生じる部位により以下の3つに分類されます。

気導性嗅覚障害

においを感じ取る細胞(嗅細胞)は鼻腔の上の方にある嗅裂部に存在します。鼻呼吸時に鼻の穴から吸い込んだ空気が鼻腔の狭窄により嗅裂部まで到達しない状態を気導性嗅覚障害と言います。鼻閉を感じ、慢性副鼻腔炎、鼻茸、アレルギー性鼻炎、感冒による鼻炎などが主な原因です。

それぞれの疾患に対して治療を行い鼻腔の狭窄が解除されれば嗅覚障害は改善します。

嗅神経性嗅覚障害

嗅細胞が障害をうけて嗅覚の低下をきたす状態です。

感冒後嗅覚障害

感冒時にウイルスが嗅細胞に感染し、嗅細胞が障害を受ける場合に生じます。中高年の女性に多い傾向があります。においを感じにくいだけでなく、本来と違うにおいに感じることもあります。治療はステロイド点鼻、漢方薬、ビタミン剤、代謝改善薬などを用います。高齢者より若年者の方が改善しやすく、全体では発症後1年で1/3、3年で2/3程度の方が改善したとの報告があります。

外傷性嗅覚障害

頭部、顔面の外傷により嗅神経が障害を受け、嗅細胞にも異常を来し嗅覚障害を起こします。気導性嗅覚障害や感冒性嗅覚障害と比較すると予後不良です。

薬剤性嗅覚障害

薬剤による副作用として起こる嗅覚障害です。原因薬剤との因果関係を確認することは困難なことが多いですが、抗癌剤、抗菌薬、抗真菌薬、抗甲状腺薬などによる嗅覚障害の報告がされています。

 

中枢性嗅覚障害

主に頭蓋内の嗅覚路の障害により生じる嗅覚障害です。

原因は頭部外傷による脳挫傷が最も多く、その他、脳腫瘍、脳出血、脳梗塞も原因となります。パーキンソン病やアルツハイマー型認知症などの神経変性疾患にも嗅覚障害が合併し、特にこれらの疾患の主症状発症前に嗅覚障害が出現することが知られています。

この中でも特に慢性副鼻腔炎、感冒、頭部外傷が嗅覚障害の3大原因です。

 

検査

検査はT&Tオルファクトメーターや静脈嗅覚検査(アリナミンテスト)などがあります。

T&Tオルファクトメーターは5つの異なるにおいを濃度別に検査することができますが、行える施設が限られています。

静脈嗅覚検査はにおい物質を静脈注射し、においを感じるまでの時間と、においを感じなくなるまでの時間を測定することで嗅覚障害を判定します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME