メニュー

耳垢(みみあか・じこう)、耳かき・耳そうじの注意点

概要

耳垢とは鼓膜の古くなった表皮が新陳代謝で毎日少しずつ外へ運ばれ、垢になっているものを指します。途中皮脂腺からの分泌物や毛も混じります。

基本的に耳には自浄作用があるため何もしなくても耳垢は自然に体外へ排出されます。
耳掃除は奥側の耳垢を取り出すのではなく、外側まで出てきたものをふき取る程度で十分です。
奥まで綿棒などをいれた場合、出てこようとしている耳垢を押し込んでしまい、かえって耳垢が溜まりやすくなります。
綿棒ではなく、細い竹や木、金属製のものもありますが、硬い素材の物は外耳道を傷つけやすく、感染し炎症を来すことがあります。外耳道の炎症が生じると激しい痛み、耳漏、難聴を生じ通院する必要があります。

耳垢が溜まりすぎて中耳炎や外耳炎になること心配される方がいらっしゃいますが、実際は耳かきのし過ぎで外耳炎になる方がほとんどです。中耳炎は鼓膜に穴が開いていなければ耳垢で生じることはありません。

耳掃除は心地よい感覚があり、ついついやりすぎてしまうことがありますが、耳の健康のために習慣化するのはやめましょう。

 

耳垢除去が必要な場合

耳垢で鼓膜が見えない場合

特に痛みを言葉で訴えられない年齢の子は、耳垢で鼓膜が見えないと中耳炎があるかどうか判断できません。
発熱で小児科の夜間救急を受診した際に耳垢で鼓膜が観察できず、熱の原因として中耳炎があるか判断できなかったという事が良くあります。
中耳炎になりやすい方、中耳炎になりやすい月齢のお子様は時々耳鼻科で耳掃除を行うと安心です。

外耳道が耳垢で詰まってしまい鼓膜は見えず、難聴もありました

約2cmの耳垢を摘出、難聴も改善しました

乾性耳垢・軟性耳垢

耳垢にはカサカサした乾性耳垢とベトベトした軟性耳垢があります。どちらの耳垢のタイプかは遺伝や人種によって決まります。日本人は約8割が乾性、西洋人は約8割が軟性と言われています。

軟性耳垢の場合、耳垢が外耳道を完全に閉鎖することがあります。乾性耳垢でも耳に水が入りふやけて完全閉塞することはありますが軟性耳垢の方がその頻度は高いです。耳垢で外耳道が完全に閉鎖されると、耳栓を入れているのと同じ状態で聞こえが悪くなります。
「シャワーの水が耳に入った後から、急に聞こえづらくなった」という方は耳垢が原因で難聴が生じている可能性が高いです。
ご自宅で取ろうとするとどんどん奥に詰め込んでしまうため、耳鼻科で専用の器械を使用し除去する必要があります。

1年ぶりに耳垢除去した未就学児の乾性耳垢(片耳)

お年寄りの方へ

ご高齢の方で耳の自浄作用が弱まっている方は耳垢で外耳道が閉鎖することもあります。最近聞こえが悪くなってきた、という方は耳垢が原因のこともあるので一度診察をお勧めします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME