メニュー

中耳炎

概要

耳は外耳、中耳、内耳の3つに分類されます。

外耳 目に見える部位で耳介と外耳道のこと
中耳 鼓膜・耳小骨・耳管・鼓膜の後ろの空間である鼓室のこと
内耳 さらに脳に近い蝸牛・前庭・半規管のこと

音を認識するには、まず音の振動が空気を伝わって外耳道に入り鼓膜を揺らします。
さらに鼓膜に張り付いている耳小骨が振動し、蝸牛の中に入っているリンパ液という液体まで伝わります。その振動が蝸牛の中で電気信号に変換され、聴神経から脳へと音が伝わっていきます。

中耳炎とは鼓膜の内側に病変がある状態です。
主に急性中耳炎、滲出性中耳炎、癒着性中耳炎、真珠腫性中耳炎に分けられます。

 

 

急性中耳炎

急性中耳炎は最もよく見られる中耳炎です。鼓膜の後ろ(鼓室)に膿が溜まり炎症を起こすことで、発熱・疼痛・難聴を認める中耳炎です。

乳幼児期は免疫力が未成熟な時期で感染の機会も多く、また耳管といって耳と鼻をつないでいる管が成人と比較し平行で太いために中耳炎に罹患しやすい特徴があります。2歳までにほとんどの小児が1度は中耳炎にかかると言われています。
膿が一定以上増加すると鼓膜を破り、耳漏として耳から出てくることもあります。

診断には問診と鼓膜所見が重要で、それにより重症度を判定します。言葉を離せない年齢の子は問診ができないため、熱の程度やその子の機嫌によって判断します。そのためご家族の観察がとても重要です。

急性中耳炎は繰り返すこともあり、「過去6ヵ月以内に3回以上、12ヵ月以内に4回以上の急性中耳炎に罹患」する場合を反復性中耳炎と呼びます。

 

治療

基本は抗生剤の内服です。抗生剤にも色々と種類があるため重症度に合わせて種類や用量を決めます。軽症の場合は3日間経過観察を行うことが推奨されています。抗生剤を内服する場合は内服後3,4日後に再診察を受け抗生剤内服期間を調整する必要があります。また通常急性中耳炎は鼻疾患を併発している事が多いため、頻回に鼻汁吸引を行うことも効果的です。

近年は原因菌の抗生剤への耐性化が進んでおり、今までは効果のあった抗生剤が効かなくなり治療に難渋することもあります。

重症例や難治例では鼓膜切開も検討します。鼓膜切開を行うと物理的に膿が排出されるため、耳痛・発熱・難聴などの臨床症状は早期に改善されます。また膿汁を細菌培養検査することで原因菌の同定が可能となり、適切な抗生剤治療を受けることができます。しかし小児の場合は切開する際に抑制する必要があることや恐怖心を抱くこと、わずかですが鼓膜穿孔を来す可能性があります。

また上述の反復性中耳炎の場合は、鼓膜チューブ挿入術(リンク)が推奨されます。乳幼児には免疫賦活・栄養状態改善作用のある漢方が効果的な場合もあります。

 

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは、急性炎症を伴わず鼓室(鼓膜の後ろ)内に液体がある状態です。

急性中耳炎のように発熱や耳痛はありませんが、耳がつまった感覚(耳閉感)や聞こえづらさ(難聴)、自分の声が耳に響く(耳声強聴)症状を感じます。

耳と鼻は耳管という管でつながっているため、鼻の炎症が耳管を通じて中耳に及ぶことがあります。特に乳幼児の耳管が水平で太く、耳と鼻を換気する機能が低いため、鼻の炎症が中耳へ移行しやすく中耳炎を来しやすい特徴があります。

滲出性中耳炎は痛くないので、乳幼児では自分から症状を訴えないことがほとんどです。気づかないうちに滲出性中耳炎にかかり難聴を来していることもあるため、鼻炎が続く場合は耳鼻科受診をお勧めします。
乳幼児期に難聴の状態が続くと言葉発達の遅れや聞き間違えを起こすことがあります。
また長い期間放置していると、癒着性中耳炎や滲出性中耳炎に移行することもあります。

成人でも耳管機能が低下すると滲出性中耳炎に罹ります。成人で片耳だけの滲出性中耳炎の場合は、耳管の入り口がある上咽頭に腫瘍を認める場合があるため、鼻腔ファイバーの検査を行います。

一般的に滲出性中耳炎は、鼓膜が鼓室側に凹んで、通常透き通っている鼓膜が褐色に混濁します。しかし貯留液の性状・量・鼓室の陰圧の程度で鼓膜の所見は変わります。

滲出性中耳炎に罹患すると鼓膜の動きが悪くなります。そのためティンパノメトリーという検査で鼓膜の動きを確認します。また聴力検査で難聴の程度を確認します。

小児でいびきや口呼吸が併発している場合は、アデノイド増殖症を合併していることがあります。アデノイドとは鼻の奥の上咽頭に位置するリンパ組織です。上咽頭には耳管の入り口があるため、アデノイドが肥大していると耳管機能が低下させ中耳炎を来しやすくなります。アデノイドを観察するには鼻腔ファイバーを行う必要があります。

※アデノイド増殖症とリンク

 

治療

鼻炎を併発している場合は鼻の治療を行います。
アレルギー性鼻炎であれば抗アレルギー剤やステロイド点鼻薬、副鼻腔炎であれば抗生剤を内服します。また必要に応じて去痰薬も内服します。十分な鼻吸引、鼻ネブライザーで鼻内を消炎します。

おしゃぶりや受動喫煙も中耳炎が持続する要因であり避けることが望ましいです。多くの場合は鼻炎の改善に伴い滲出性中耳炎も少しずつ改善していきますが、3ヵ月以上滲出性中耳炎が改善しない場合、難聴や鼓膜の病的所見を認める際には鼓膜チューブ挿入術を検討します。

保育園児や兄弟のいる家庭では感染にさらされるリスクが高く、一度滲出性中耳炎が改善してもすぐに再発することがあります。また急性中耳炎と滲出性中耳炎の両方を繰り返すこともあります。通常は成長とともに罹患頻度は減少し、就学時までには90%が改善すると言われています。

 

癒着性中耳炎

癒着性中耳炎は鼓膜が薄くなり、鼓室側へ陥凹して鼓室の壁に癒着した状態です。
鼓室と鼻の奥の圧を調整している耳管の機能が低下するため鼓膜が陥凹します。

長期にわたり滲出性中耳炎が持続している際に生じます。鼓膜が振動しなくなるため、難聴を生じます。また陥凹した鼓膜がさらに奥へと入り込み真珠腫性中耳炎へ移行することもあります。

鼓室内に一部スペースがあれば鼓膜チューブを挿入しますが、鼓膜が菲薄化しているため鼓膜穿孔のリスクが高くなります。鼓膜チューブが挿入できない場合は鼓膜を張り替える手術(鼓室形成術)を検討します。

 

 

真珠腫性中耳炎(中耳真珠腫)

真珠腫とは側頭骨内に生じる嚢胞で、嚢胞内には皮膚や鼓膜から剥がれた垢が溜まっています。その見た目が光沢のある白い球のため真珠という名前がついています。
真珠腫が中耳にできた場合、真珠腫性中耳炎または中耳真珠腫と言います。

真珠腫は後天性と先天性に分類されます。
先天性真珠腫は、胎生期のなごりによる物質からできるため滲出性中耳炎が持続していなくても生じます。鼓膜の裏面に白色塊として認められることが多いです。
後天性真珠腫は鼓膜が陥凹することで生じるため耳管機能障害や持続する滲出性中耳炎や癒着性中耳炎が原因となります。

嚢胞内の垢は周囲の骨を破壊していくため耳小骨が破壊されると難聴を来し、さらに周囲の骨を破壊するとめまいや顔面神経麻痺を来します。
真珠腫に感染を起こし、持続する耳漏を認めることもあります。

治療は全身麻酔下での手術療法です。真珠腫の進展範囲によっては数回の手術が必要になることもあります。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME